KONANN1997's Blog

日常生活で起こった出来事などを書いています

Minecraft PEでネザーを介して冒険するときの留意点

 数々のプラットフォームで出ているMinecraft。その中の一つ、Minecraft Pocket Edition。iOSAndroid用に移行されたタイプだ。そのPEも、現バージョン1.2.1(10月3日現在)では、もうパソコンとほぼ同じコンテンツになっている。

 さて、今回、公式のレンタル用プライベートサーバ、「Realms」*1で、現在6人とマルチプレイで遊んでいる。そんな中、現在、覆われた森(ダークオークの森)にあるという森林洋館を求めて現在旅の途中だ。結構遠くまで来て、これまでに海底神殿を2つ発見している。

 そんな時、リスポーン地点として、中間地点を作りながら移動している時、帰宅用のネザーゲートを作成したらしいが、当然全く違うところにできるわけで、作っても道がわからんと意味がない。

 そんな中、地上で作った、中間地点を中心とした地図を持ったまま、ネザーに行った時、ふと地図を見た時、なんということだろう。ネザーでも地上の地図が見れるじゃないか!*2

 そんな事実に驚いてしまい、こんなんだったら帰りも行きも距離1/8*3だから、簡単に行けちゃうではないか。という、なんとも単純な発想だが、この場合、準備が必要になる。

 まず、地上に戻るためのネザーケート用黒曜石。次に、リスポーン地点生成用のベッド。そして、敵対Mobに対抗する装備品。結構準備するものが多い。

 まず、地上に戻るためのゲート、最低4つ分(一つのゲートは10個でできるので、40個ほど)。

 これは、遠くに行けば行くほど、やり直しが非常に面倒。なので、区切り区切りで、地上に戻り、ベッドで寝て、中間地点を作らなければならない*4。いくらネザーの方が地上の夜間より安全だとはいえ、危険度はそれなりに高い。マグマの海が広大に存在するネザーでは、そこの配慮も必要になる*5

 次に、リスポーン地点設定用のベッド、だいたい4つ。

 ベッドで一夜を寝て過ごせば、リスポーン地点は設定される。ただし、設定は1つのみ。一度でもベッドを壊してしまうと、初期スポーン地点(ゲーム開始時に始まる地点)まで戻されてしまう。*6結構遠くまで行ってる現在。それだけはなんとしても避けたい。なので、ベッドを置いておくために、複数のベッドが一人一人必要なのだ。

 最後に敵対Mobに対抗する装備品。

 ネザーでは、ガスト*7やマグマキューブ、ウィザースケルトンなどの強敵もいて、それを相手にしない方が賢いのだが、どうしても対抗しないと行けない時は、それ相応の対抗条件が必要となる。防具はしっかりと着こなし、弓矢を持参する。矢はできるだけ多く持っていくと良い。「無限」のエンチャントがついた弓ならなお望ましい*8

 あとは、ネザーでいつガストにゲートを狙われてもいいよう、丸石で囲っておけばいい。ガストの爆発威力はクリーパーよりも弱いため、丸石があれば完全にシャットアウトできる。なので、丸石は大量にあるといいかもしれない。

 「俺は地上で行くぜ!」という人はそうしてもらっても構わない。ただし、その際はちゃんと自分の家がわかるようにする。初期スポーン地点に家を構えているなら、コンパスがあれば帰還は容易。*9

 どちらにせよ、冒険スタイルは人それぞれだが、もし遠くに行くならば、初めからネザーを介して行った方がよさそうだ。(PC版では、ネザーで地上の地図を見ても、移動しないため、上記の方法は利用できない。)

 いずれ、PE版でもネザーじゃ地上の地図は使用できなくなるかもしれないので、現バージョンだけかもしれないよ。遠くへ冒険したい人は、ぜひ上記の方法で試してほしい。


注意!:

上記の方法は機種、バージョンによっては使用できない場合がございます。あらかじめご注意ください。


10月3日 9時投稿

*1:公式でサブクリエイション(定期購入)を登録しておけば、いつでもワールドにアクセスできる。これはサーバ元がオフラインでも、ワールドは常にオンラインであるため、フレンドはいつでもワールドで楽しめる。PE版では、iOSでは月額960円、Androidでは月額840円。Win10搭載のPC、XboxでもPE版のRealmsに参加できる(Xbox Liveアカウント必須。参加にはサーバ元とフレンドになる必要があり、サーバ元から招待状を受け取る必要がある。最大10人まで招待可能。

*2:ネザーではコンパスが効かない。そのため、方角を確認するには、自分が設定した方角を常に確認しなければならない。ただし、地図は使用することができる。白紙の地図を、ネザーで作成すれば、ネザーでも地図は使える(ただし、何も描写はされない)。ネザーで作成した地図は、自分が向いてる方角はわからないが、どっちに移動しているかはわかるので、距離確認や、移動方向確認などに使用できる。

*3:ネザーでは、地上に比べ、距離が1/8に縮まる。そのため、遠方の地点と短距離で結びたい時に使用される。ただし、結ぶには、ちゃんとした安全整備が必要。

*4:ネザーでベッドを使用して寝ると、ベッドが爆発し、即死に近いダメージを受ける。そのため、ベッドでリスポーン地点を設定するには、地上で寝る必要がある。これはエンドでも同様のことがいえる。

*5:マグマの海に落ちた場合、アイテムの回収は絶望的になり、装備は再度作り直しになる。そのため、ダイヤ一式の装備では、再調達が厳しく、失った時のダメージも大きい。そのため長距離を移動する際は、調達が容易である鉄装備一式に、ある程度のエンチャントを付与させるのが望ましい。

*6:壊すだけでなく、ベッドがブロックなどに埋もれている場合も、同様に初期スポーン地点に戻される。

*7:レストランではなく、ふわふわ浮いた、クラゲのようなMob。プレイヤーを見つけると、火の玉を飛ばして来て、着弾した場所は爆発し、炎が上がる。ネザーラックは爆発耐性が低く、地形がくづれやすい上、火は永久的に燃え続けるので、とても厄介。

*8:ネザーでは、弓矢で対抗するのが一番安全、かつ的確に処理できる。ガストなら弓矢で倒した方がはるかに安全な上、手っ取り早い。ウィザースケルトンはあらかじめ遠くから狙って処理して置いた方があとあと楽であり、ブレイズは弓矢での対抗の方が確実に攻撃を与えられる。エンチャント「無限」があれば、インベントリに矢が1本でもあれば弓の耐久力が許す限り、無限に撃てるため、その点を考慮すると、後者の方が圧倒的便利。

*9:コンパスは初期スポーン地点のみを示しており、リスポーン地点を示しているわけではない。

18歳として - 考えるべき国の未来

 最近何かとニュースで取り上げられる、衆院解散の話題。解散に向けて、与野党が議論を続けていて、年内までに解散される可能性が無きにしも非ずという状況。もしかすると今年中には解散があって、投票に行くことがあるかもしれない。そうでなくても、来年にはあるかもしれない状況なのだ。

 最近は議員が不倫で辞めていく議員がいる中、今では安倍総理の妻が関わったとされる森友学園の問題。そして安倍総理本人に疑惑の目が向けられた加計学園の問題。どちらも決着はついてないが、衆院解散の引き金になったのは間違いなしだ。

(上記2つの問題に関しては省略する)

続きを読む

iPod初期化依頼2

 以前にクラスメイトからiPhoneiPodの初期化依頼を引き受け、その依頼をこなしたことがあった。依頼の理由はパスコードを忘れたことによる、iOSのロックが原因によるもの。Touch ID*1が便利になったこの頃、Touch IDでロック解除を行なっていると、いざパスコードを聞かれた時に、「パスコード何だったっけ?」となることがあるリスクがある。ちなみに僕はパスコードをパソコンと同じにしている上、自分が書く物語のタイトルをパスワードにしているので、忘れることはない。(パソコンには指紋認証の機能なし)

 そして、今回も、同じように、iPod Touchの初期化の依頼を引き受けた。

 手順は以前のと同じなので、省略する。知りたい人は以前の記事を読んでね。 

  手順を同じようにこなしたところで、セットアップだけは終わらせようとしたが、ここでまさか、というか予想していた事態に遭遇した。

f:id:KONANN1997:20170824182202p:plain

 これは「アクティベーションロック」と呼ばれる、個人情報保護機能。iCloudにサインインし、「iPhoneを探す」が有効のまま、iPhoneリカバリーモードで初期化(初期化手順のこと)した場合、このような画面が、デバイスに表示される(iPhoneに限らず、すべてのiOSバイスiTunesで表示が出る)。このような場合、本人の場合は、Apple IDで認証すれば問題ないが、あいにくこれは僕のIDではないので、どうしようもない。

 今回のケースは無効にしようにも、パスコードを忘れているので、仕方なく、セットアップはここで終え、あとは本人に行なってもらうことにしよう。

 もし、人に初期化を依頼する場合は、必ずiCloudからサインアウトしておこう。そうじゃないと、渡された方が困るから。

 もし、売ったり、人にあげたりする場合は、必ずデバイスを初期化しておこう。個人情報がダダ漏れになるよ。設定からコンテンツと設定を消去していると、大丈夫なはず。(試したことがないからなんとも言えん)ただし、消去時にiPhoneを探すが有効になってると、Apple IDを聞かれることがあるので、そこは注意しておこう。

 修理に出す場合はiCloudをサインアウトしておかないと、修理業者から電話がかかってきて、「修理が実施できませんので、一度店舗へお越しください」なんて言われるかもしれないので、そこも注意しよう。

 とりあえず依頼されたデバイスは、このまま相手に返すとしよう。


*1:iPhone5Sから搭載された指紋認証機能。iPhoneのロック解除、App StoreでのApple ID認証、Apple Payでの支払い認証などを、Touch IDで利用できる。

広告を非表示にする

WWDC2017 - ラインナップは様々

目次:オープニング/watchOS4/macOS High Sierra/iOS11

 毎年開かれるAppleのイベント、WWDC(World Wide Developers Conference)、開発者たちが集うこのイベントでは、macOSiOSなどのソフトウェア以外に、ハードウェアの発表も行われる。

 そして、現地時間6月5日午前10時(日本時間で6月6日午前2時)に行われたWWDC2017。今回は様々なラインナップだったぞ。

 ラインナップが多いだけに、1つの記事じゃものすごい文字数になるので、今回はソフトウェアのまとめだけだよ。

続きを読む

久しぶりの活動は前よりひどく・・・


 うちの学校にある文化系クラブの「コンピュータCGクラブ」。基本的にコンピュータを使った作業、勉強なら何でもOKなクラブ。そのクラブが去年、地震の影響で学校での活動ができなかったが、ついに活動を再開することになったが、その活動内容は前よりもひどい物だった。

 コンピュータ室にあるラップトップ「NEC VersaPro」50台。そのすべてがUSB、ディスクドライブが殺してある(無効)状態、USBに唯一繋がっているマウス以外は何も使えない。

 USBが使えない。(大事なことなので2回言ったよ)つまりは、USBメモリが使えないのだ。一年生の時はUSBメモリを持参して、学校で作業したファイルをUSBにコピーして、家で作業を再開することができたが、USBが使えないので、コピーはインターネット経由で行わなければならない。

 幸いインターネットは三年生の授業で使うので、生きてはいる。なので、少々面倒だが、Dropboxを使ってファイルを共有する。

 Dropboxは普通に開けると思うので、ログインして、ブラウズ(ファイルを探す、パソコンでは「参照」と表記されている)したファイルをアップロード、編集をすればいい。

 要はDropboxやGoogleDriveなどのクラウドサービスを使って、ファイルの共有が必要になったということ。

 でも「すごく面倒」とかではないので、使えるのなら使えばいいし、あと何よりUSBを持ってこなくて済む。学校に置き忘れとか無いしね(ちなみにゴールデンウィーク前に、実習室にハンカチを忘れて帰ってしまったよ)。

 ただ、USBメモリに関しては解決してもUSB自体の問題は結構きつい。クラブで使うペンタブレット。あれはBluetoothでペアリングする物ではない。USBでペアリングする。

 つまりはUSBが使えないと、ペンタブレットが使えない、と言うことにある。

 まあ、ペンタブレットはまずドライバのインストールが必要だし、そのインストーラがCDだから、ディスクドライブが使えないと意味が無いんだよね。

 絵を描くことも活動の一つなのに、ペンタブレットが使えないんじゃ話にならない。マウスで書くにしても仕上がりは最悪。しっかりとした絵を描くならやっぱりペンタブレットで書きたいのがベター。

 ペンタブレットに関してはなんとかなると思うが、次に出てきた問題はイラストレーションツール。

 Windowsには標準で「ペイント」と呼ばれる最低限の機能が備わっているツールがある。クラブではそれよりも多機能なツール、「Clip Studio Paint」を使っている。

 学校の最低限の機能しかないやつで書くより、多機能なこれを使っているが、これもインストーラがCD。ディスクドライバは使えないっつーの。

 仮にこれらの問題が無かったとしても、インストールには学校長の認可が必要。その当人が許可してくれないんじゃ入れるにも入れられない。

 と言う訳で、結局活動はできるはできるが、新入生に対して行ったプレゼンのうち、一つしかできない状態。やろうと思えばできると思うけど。インストールが駄目なだけであって、予めインストールしておいたソフトウェアを起動することなら、管理者認証は必要ないはず(イラストツールとかは必要なかったはず)。

 結局活動はさらに縮小されてしまい、拡張性のない地味なクラブへとなってしまった。校長へは学科長がいってだめだったんだから、僕ら生徒が言っても考えは変わらないだろう。

 ペアレンタルコントロール*1付きの文化系クラブの何処が楽しいってんだ・・・。


5月8日 22時投稿

*1:パソコンやスマートフォンなどを使用する子供に対して保護者が設ける制限のこと。インターネットやアプリケーションの制限が付けられ、利用時間の設定も可能。Nintendo Switch3DSなどにこの機能がある。(この画像はmacOSのペアレンタルコントロールの一例。)

f:id:KONANN1997:20170508213504p:plainf:id:KONANN1997:20170508213516p:plain

排水マスが詰まる

 どの家庭にも必ずはあるであろう「排水マス」。これはトイレや台所などで出た生活排水(要は下水)の通り道であり、同時につまり防止の役割をもつ。

 これは排水で出た汚泥(排水時に混ざっていた固形物が泥となったもの)が配水管に詰まったりしないようにするための物だけど、うちのマスでは、シンプルにつまってしまったよ。

 と言うか、何でマスが詰まっているのかが分かったのかというと、実はうちでは梅雨から夏にまでかけて、風呂場にはチョウバエというコバエの一種が大量発生するのだ。そのたびに毎度毎度手で叩いて対処はしていたけど、さすがに今年に入って、もういい加減、限界を迎えたので、どうにかしようと親に相談して、今回に至った訳だ。

 とりあえず日曜日にマスの点検を行った。

 マスは土に埋もれているので、掘り返して、ふたを外してみると、何と表面にヘドロみたいな物が浮かんでいたのだ。とりあえず全部すくい上げて、庭に穴を掘って、そこにいれて対処したよ。他にも水も溜まっていたので、水もすくい取って、どうにかした。

 一番上(通り道として、下水道から遠いマス)から3つ確認し、ヘドロ、水ともに取り除いて、4番目のマスを開ける前に、昼食がてらに詰まり用の道具をハンズマンで購入(ちなみに昼食はカツ丼とぶっかけうどん小盛り。全部は食えなかったけどね)。

 そして家で4番目を開け、同様の作業を行った後、購入した詰まり用の道具で詰まりを取ろうとしたら、4番目から通した道具が、3番目に出てこなかったのだ。しかも「コツコツ」と音がしていた。これは4番目と3番目との間に、まだ別のマスがある可能性が出てきたのだ。しかも、4番目から下水道方面に通した結果、これまた別のマスがある可能性が出てきた。確認した物だけ数え、4番目から駐車場にもう1個マス(これは下水パイプに直結したやつだったので、作業はしてない)あったが、道具はここまで来ておらず、途中で止まっていることが確認できたので、間に別のマスがあるのではないかという結論に至った。

 ただ、6番目(4番目と駐車場のマスの間にあるとされる未確認のマス)のマスは、少々面倒だ。4番目(4番目と3番目の間にあるとされるもう1つのマス)は花が植えられているけど、花は別の一旦別の所に植え替えておけばいいので、ある程度楽ではある上、5番目(4番目)と3番目とは水の行き来が確認できているので、別に見なくても良かったりする。それに比べ、6番目はコンクリートが敷かれていて、確認するにはコンクリートを壊さないといけない。しかもこれで無かったときのダメージもある(戻すの面倒。せっかく壊したのに)それを考えると、むやみにコンクリートを壊す訳にはいかない。しかもそこには元々コンクリートは敷かれていなかったらしい(僕が産まれたころにはもう敷かれていた)。

 とりあえず、現時点で確認、推定されるマスは次の通り(Aはブログでは書いていないマスとして区別、区間ナンバリングは3)

f:id:KONANN1997:20170424214703p:plain

PowerPointで作成)

 この5番目から水が流れずにいるので、そのままにしていると溢れてしまう。と言う訳で、直るまでは排水は大幅制限だ。台所、洗濯、風呂の水は流せなくなった。幸いトイレは下水道直結だったので、なんとかトイレはいつも通りに使用可能。

 ただ、風呂はおろか、炊事も大幅に制限されるため、炊事は朝、風呂は銭湯となりそうだ。

 風呂は毎日はいけないね。1日おきか、あるいは2日おきか。夏場は結構苦労しそうだ。

 ちなみに本編とは関係ない話、前回書いたiMac、あれから問題なく使えていたら、今日(4月24日)、DVDが取り出せなくなったよ。分解して取り出すしかないか。

 久しぶりだな、分解するの。

 あ、あとTwitterのライブ機能でゼンマイを取るだけの配信を10分程度したよ。

                              4月24日 22時投稿

広告を非表示にする

iMac、Apple ID認証エラー

 2007年の12月に購入して*1、早10年。いろんな事をこのMacで行ってきた今日、Apple IDの不具合で、昨日から試行錯誤を繰り返してきたが、ついにギブアップ。Appleのアドバイザーに連絡することになった。

 もう10年間使ってきたiMac。親がね。ゲームも調べも、何もかもがこのMacで行ってきた。長年使っていると、やっぱりどうしても不具合とかが現れる。そんなのは初めっから承知の上だったけど、これはさすがに想定外。Apple IDの認証エラーは前にも同じ事があったので、なんとかなると思ったけど、今回のは初めてのパターン。しかもネット記事でも見つからないやつ。ネットのやつだと、シリアル番号が「なし」になってるのが原因らしい。

「でも残念。原因はシリアル番号ではないのだよ、マイルズ君」(アサシンクリードからパクった。)

 と、パクったネタを噛ませつつ、今回の状況をまとめてみるとしよう。

 まず、昨日からApple IDが認証を拒んでくるので、ネットでいろいろと探りを入れてたけど、結局無理だったんで、断念。

 で、今日3月30日、クラスメイトとのなんちゃって勉強会を開いて、16時に帰宅。その後、17時半ぐらいから、リベンジ。したけど返り討ちに遭ったんで、結局Apple Careアドバイザーの力を借りることに。

 アドバイザーに症状と現状を説明。(ここからはアドバイザーとの電話のやりとりも書いていくよ)自:自分、ア:アドバイザー

Log:

自:Apple IDを入力しても、認証を受け付けてくれない。iCloudでも同じ症状が。

ア:その症状が現れた機種について教えてください。

自:2007年に購入したiMac。バージョンはEl Capitan(10.11.6)。

ア:それでは、画面共有のアプリケーションをダウンロードしてください。

 アドバイザーに言われたとおり、Safariで専用の画面共有のアプリケーションをダウンロード。起動してみると、画面にパソコンとパソコンが接続中の意味をするアニメーションが。だけど、画面共有は行われず、それどころか、起動した瞬間にエラーのダイアログが出てしまった。アドバイザーによると、セキュリティソフトウェアが何らかの干渉しているかもしれないと言っていたが、保護機能を無効にしても、結果変わらず。

Log:

ア:次にiPhoneiPadに画面共有のリクエストを送信するので、ダイアログが表示されたら、「承認」ボタンを押して、「同意する」を選択してください。

 通話中のiPhone7だとダイアログは届かないっぽいので、iPhone6+に変更し、iPhone7をフリーにする。そしてダイアログが届いたので、承認して、同意。画面上部には「画面を共有しています」と表示されているが、向こうには何故かデータは届かず。何度も同じ事を繰り返したが、結果変わらず。

Log:

ア:次はセーフブートで起動してみてください。一旦Macをシステム終了して、Shiftキー押しながらで起動してください。

 セーフブートは余計やキャッシュファイルを読み込まずに起動すること。ただし、本来起動を高速化させるキャッシュファイルも読み込まないので、結構時間がかかる。初めてセーフブートで起動したので、あまりの起動の遅さにビックリしたぞ。

 で、画面共有のことを行ったけど、エラーダイアログが初めに出てくるので、結果だめ。

Log:

ア:次はOSの上書きインストール*2してみてください。

 Macを一旦システム終了、その後Commandキー+Rキー押しながらで起動。「OS Xのインストール」をクリックして、上書きインストールへ。ここでもApple IDは聞いてくるけど、ここでは難なくパスしてくれたぞ。

 1時間近くかけてインストールは終了。同様にiCloudへサインインしようとするが、結果は変わらず、「This action could not be completed. Try again.」のまま。

Log:

ア:次で最後のトラブルシューティングになりますが、次でだめならば、コンピュータ自体が故障している可能性がありますが、とりあえず行ってみましょう。ハードディスクに新しいパーティション、100GBぐらい区切ってください。そこにOSをクリーンインストールしてみて、それでもApple IDが認証してくれない場合は、コンピュータ自体が故障しているかもしれないです。

 パーティションを新しく区切り、インストールへ。と、ここでアドバイザーの営業時間が来てしまったため、ここで終了。あとは明日の19時に結果報告となった。

 約40分かけてインストールは終了。セットアップ時にApple IDを聞いてくるので、入力してみたところ、何とパスしてくれたのだ。結局OSの問題で、上書き再インストールでは一部ファイルは書き換えてくれなかったみたいで、同じ症状が現れてしまったのだ。

 17時半から21時まで、約4時間30分の長きトラブルシューティングは一旦終わりを告げた。良くここまで一緒にいろいろと付き合ってくれたので、アドバイザーには感謝だ。

 とはいえ、完全に終わった訳ではないので、明日報告して、パーティションを一つに戻して、データを初期化、再インストールを行わなければならない。しかもTime Machine(バックアップ)からの復元作業は異常なまでに時間がかかる。短くて2時間半はかかるよ。

 まさかこんな症状が起こるとは。システムソフトウェアはほんま恐ろしいでえ。

(ここから、トラブルシューティングが終わってから書いてるよ。)

 さて、翌日になり、アドバイザーから電話が。現状報告を終え、Time Machineバックアップ復元を実行。電話は19時から行って、開始が20時前。しかも復元には異常なまでに時間がかかり、Time Machineバックアップは約5時間もかかった。Appleの営業時間外になっても、電話をしてくれたのだが、まあ、終わる訳がない。結局報告は月曜日、週末は担当の人はお休みだった。別の人に担当させても、これまでの状況が分かる訳がなく、1から説明するの面倒だし、復元すれば直ると思ったので、報告は月曜日に。

 復元作業は日付が変わる前に終了。iCloudiTunesともにApple IDはパスしてくれた。

 長かった!とにかく長かった。なんとか無事に終われたので、よかったよかった。その後の報告で、「もし症状が再発したら、私(今回の担当者)のサポート番号をお伝えしますので、万が一再発した場合はご連絡ください」と、丁寧な対応をしてくれた。

 とにかく、これでiMac2007の問題は解決。なにがどうなってこうなったのかは全く分からないが、まあ、それは気にしなくていいか。再発したときに一気に調べよう。

*1:親のMacのことね

*2:ハードディスク内に入っているデータを消すことなく、システムファイルを上書きすること。