読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KONANN1997's Blog

日常生活で起こった出来事などを書いています

任天堂の新しいハードウェア、「Nintendo Switch」と対応ソフトウェア

 日本のゲーム会社、任天堂はこれまでにいろんなハードを出してきて、家庭用ゲームの元祖、「ファミリーコンピュータ」を作った会社でもある。任天堂については以前に記事にしたので、そちらもどうぞ。

 その任天堂が日本時間で10月20日に新しいハードウェア「Nintendo Switch」が初公開された。(公式映像をペタリ)

 映像に映っているハードは、コントローラでテレビにゲームを映して遊んでいる様だが、実はそれだけではなかった。

 もう見た人が多いので、言わなくても分かるだろうけど、実はコントローラを本体横に繋ぎ、そのまま上に上げるとゲームパッドの様な感じで、遊ぶことが出来るのだ。

 最初に映っているゲームは現在開発中の「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」。ゼルダシリーズ最新作のこのゲームは、ちょっとアニメ調な絵画で描かれる広大なワールドを駆ける、オープンワールドタイプのゲームだ。(これまでもそうだったけど)

 ただ、公式サイトを確認する限り、斧で木を伐採し、動物を狩ったりして、これまでとはちょっと違うサバイバルなゼルダが開発中だ。

 コントローラをとって、ゲームパッドをテレビのスクリーンみたいにして、Wiiリモコンみたいにして持ってゲームをプレイすることが出来るってとこはいい点だと思う。わざわざ持ち運びしなくてもいいし、わざわざ別々に持たなくてもいいのが、利点の一つだね。

 ただ、コントローラのLRスティックの位置はちょっとって感じかな。

 WiiUゲームパッドはLRスティックが上についていたのに対し、今回のはLが上、Rが下についていて、Rスティックを使うときはちょっと違和感を感じるかも。元々LRが水平についていたコントローラ(PS4やWiiUコントローラ)を使っていた人はそうだけで、Xboxのコントローラを使ってる人にはあまり気にはしないかな。

 コントローラのLとR(左と右)を自分と相手に渡すと、横持ちにして二人プレイが可能になるのもいいかも。わざわざ別のコントローラを買う手間もコストもかからない。

 さて、最後にみんな人気のスプラトゥーンが出てたけど、これは新作が出るのか、それともSwitch用に新たに出るのか、それは定かではないけど、(まあこれはどう考えても前者だけど)出るなら出るで、どう変わったかがポイントだね。

 今回の映像で、詳細は来年発表とのことで、今後に期待。

                             10月23日 7時30分投稿

              出典:Youtube/ The Legend of Zelda Breath of the world

                     https://www.nintendo.co.jp/zelda/index.html