読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KONANN1997's Blog

日常生活で起こった出来事などを書いています

まともにつぶやけない自分

日常生活内容

始めに

 日に日に春らしい暖かさが戻りつつある今日この頃、どうお過ごしですか?インフルエンザも流行ってはいますが、皆さんは大丈夫ですか?個人的には皆勤賞を貰うべく、発症どころか感染なんてしたらたまるか、という状況です。熱もないし特に具合が悪いわけでもありませんし。(鼻炎でものすごくつらいですけどね)

 さて、今回はタイトル通り、「つぶやく」ことについて。つぶやきたくてもちょっといろいろあったりして、まともにつぶやけない状態。それをどうしようか、ただ一人ぶつぶつ言うだけの内容ですが、目を通して貰えば幸いです・・・

 

本題

 そもそも「つぶやきたいんだったらTwitterでつぶやけば良いんだからつぶやけ!」って話なんですが、昔僕がTwitterをブログ代わりに使っていたので、同じ用途で再びするのも良いんですが、1つのツイートに140文字の制限有りでやるのがとてつもなくストレスでしょうが無い。1つのブログ記事を圧縮して書くにしても、軽く200は超える計算に。書いた小説はGoogle Driveにでもあげて、そこからダウンロードする、とした方が早いので、実際にそうしようかな?

 ちょっと話が寄り道したところで閑話休題。じゃあなぜTwitterを使わないのかというと上記の通り、文字制限がとてつもなく鬱陶しいのと、「使い方が間違ってる」と学校でいろいろといわれるのがつらいから。間違ってるのは本人が一番分かってるというか。とにかく8〜26文字書いた物をいちいち投稿するのも面倒だし、そもそもTwitterなんてあんまり開かないし、開いてもゲーム実況者がいつゲーム配信をするのかを調べるくらい。これぐらいしかしないならアカウント閉じた方(削除)がいいんだけど、ブログ記事のURL(Uniform Resourse Locator)をTwitterで書いて、みんなにみてもらう、ということをしているので、閉じるわけにはいかない状態。普通につぶやくにしても、「◯◯なう」なんてことは書きたくない(もしろ書く気が起きない)から、最終的には140文字ぎりぎりまで書いてしまう。という状態に。これじゃあ文句言われるよね。

 最終的には書いたツイートが非難されそうで怖い、という現実に、つぶやきたくてもつぶやけない自分がいるわけです。どうしよう・・・

最後に

 もし最後まで見てくださったなら、こんなどうでも良い話に付き合ってくださり、ありがとうございます。日々出来るようになりたいところですが、時間が結構かかるのが欠点ですが、これからも、よろしくお願いいたします。

これまでのツイートログを一部抜粋してまとめた文書を貼っておきます。

Google Drive:https://drive.google.com/folderview?id=0B2pUKX5RSD8gdEM4Nzc0OWE0cjg&usp=sharing

                                   更新ログ

                              2月17日 21時投稿